トップページ > 韓国国内ニュース > 韓国経済は危機状況 来年も景気不振続く=企業調査

韓国経済は危機状況 来年も景気不振続く=企業調査


日本経団連に当たる韓国の全国経済人連合会(全経連)は30日、先月に売上高上位600社のうち329社を対象に来年の経営環境を調べた結果、81.6%が最近の経済状況を韓国の製造業と輸出の構造的な危機であると回答したと明らかにした。

対外環境の変化による一時的な危機(16.5%)、または景気回復に支障はない(1.3%)との意見は17.8%にすぎなかった。

韓国経済の回復時期は、回答企業の91.2%が2016年以降(48.1%)、来年の下半期(43.1%)と予測した。韓国政府は最優先課題の一つとして経済活性化政策を推進しているが、企業は今後も景気不振は続くとの見通しを示している。

来年の経済成長率は政府の見通し(企画財政部4.0%、韓国銀行3.9%)より低い3.0~3.5%になるとの回答(34.1%)が最も多かった。

今年の経営業績は58.0%が年初の計画を下回ると予想し、業績不振の主な原因としては内需の低迷継続(35.8%)、世界景気回復の遅れ(20.1%)などを挙げた。

来年の投資計画については、51.2%が今年と同様な水準になると答え、拡大(20.0%)よりは縮小(28.8%)が多かった。雇用の場合は65.9%が今年と同様と回答した。

全経連関係者は「最近の経済状況を構造的危機として認識していることに注目しなければならない」として、「来年の景気回復も不透明であるため、経済活性化と経済体質を強化することにすべての経済主体が力を合わせる時期」と述べた。


language translation

ページのTOPへ