トップページ > 韓国国内ニュース > 韓国通信大手SKT、自転車盗難防止サービス実施へ

韓国通信大手SKT、自転車盗難防止サービス実施へ


韓国通信大手のSKテレコムは20日、情報通信技術(ICT)基盤の自転車ソリューション事業を共同で推進するため、国内自転車メーカーのアルトンスポーツと了解覚書(MOU)を締結したと発表した。

近ごろ数百万ウォン(数十万円)の高価な自転車に乗る人が増え、盗難や紛失の懸念が高まっていることから、SKテレコムはアルトンスポーツの自転車に無線センサー(ビーコン)を取り付け、自転車が動かされているかどうかを持ち主がスマートフォン(多機能携帯電話端末)で常に把握できるサービスを売り出す計画だ。

この技術は、持ち主が自転車から最大70メートル離れていても自転車の状態を把握できる。自転車を置いて出勤したり、旅行したりするときも、公園や駐輪場などに設置予定の中継機を通じて状態の確認が可能だ。また、購入時に自転車を登録することで、修理の記録を体系的に管理できるようになるという。

SKテレコムとアルトンスポーツは、位置追跡サービスや運動量を測定するヘルスケアサービスも共同で手掛けることで合意した。


language translation

ページのTOPへ